市場ニュース

戻る
2015年10月22日12時49分

【市況】日経平均は15円安で後場スタート、再びマイナスに転じる/後場の寄り付き概況


日経平均 : 18538.87 (-15.41)
TOPIX  : 1526.85 (+0.04)

[後場寄り付き概況]

 日経平均はマイナスに転じて後場の取引を開始している。ランチタイムの225先物は18550-18580円辺りでのもち合いが続いていたが、現物の後場寄り付き時には18520円をつけている。ランチタイムの225先物は売り買いトントンとの観測。円相場は1ドル119円85銭辺りでの推移。規模別指数では中型に次いで、大型株、小型株指数も下げに転じている。

 セクターでは食料品、鉄鋼、空運、倉庫運輸、鉱業、海運、電気機器などが堅調。半面、医薬品、建設、その他金融、証券、精密機器、小売、その他製品などが冴えない。決算を手掛かりとした物色の中、日本電産<6594>が下げに転じるなど、利益確定の動きが見えられている。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均