市場ニュース

戻る
2015年10月22日12時19分

【市況】決算はアク抜けの流れに向かいやすく/ランチタイムコメント


 日経平均は小幅に続伸。11.55円高の18565.83円(出来高概算9億1000万株)で前場の取引を終えた。米株安の流れと前日の大幅上昇の反動もあり、利益確定の流れから始まった。しかし、寄り付き直後の18436.93円を安値に、その後は下げ幅を縮めており、前日終値を挟んでのもみ合いとなっている。
 セクターでは食料品、鉄鋼、空運、倉庫運輸、鉱業、海運、電気機器などが堅調。半面、医薬品、建設、その他金融、証券、精密機器、小売、その他製品などが冴えない。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が若干上回っている。規模別指数は中型株指数のみが下落。

 日経平均は前日の終値水準での底堅い値動きをみせている。直近のレンジ上限が支持線として意識されており、小動きながらも強い動きであろう。前日の新日鉄住金<5401>に続いて、本日はコンセンサスを下回った日本電産<6594>がアク抜けの動きをみせていることも、センチメントを明るくさせている。
 また、業績観測が伝えられた富士フイルム<4901>についても、嫌気売りから4%を超える下げとなるものの、寄り付き水準は上回っており、売り込みづらい状況であろう。売り込まれていた銘柄等の見直しも意識されやすく、次第に先高期待が高まりそうだ。その他、テーマ株ではマイナンバー関連の一角が堅調。業績上振れ観測などもあり、関連銘柄の動向が注目される。(村瀬智一)
《AK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均