市場ニュース

戻る
2015年10月21日18時50分

【テク】日経平均テクニカル:大幅続伸でMACDはプラスレンジを回復


21日の日経平均は大幅続伸。売り先行から5日線レベルでのこう着をみせていたが、その後は上げ幅を拡大させており、直近のもち合いレンジ(18000-18400円)を上放れてきている。一目均衡表では転換線が支持線として機能するなかで上げ幅を拡大し、雲下限に接近している。遅行スパンは9月9日の戻り高値水準を通過したことにより、実線を上抜ける格好での、上方転換シグナルを発生させている。ボリンジャーバンドでは、バンドが切り下がりを見せる中で、中心値(25日)と+1σとのレンジが続いていたが、+1σを突破してきている。MACDは切り上がりをみせ、93.62とプラスレンジを回復してきている。週足の一目均衡表は雲の中での推移であるが、18900円辺りに位置する基準線や雲上限などを意識してくるかが注目される。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均