市場ニュース

戻る
2015年10月21日15時43分

【材料】川崎化成、第2四半期累計の利益予想を下方修正、下振れ要因は下半期に解消を見込む

川崎化 【日足】
多機能チャートへ
川崎化 【日中足】

 川崎化成工業<4117>は21日引け後、16年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結業績について、利益予想を下方修正した。
 営業利益は従来予想の1億6000万円(前年同期比53.8%増)から6500万円(同37.5%減)へ、純利益は同1億3000万円(同21.5%増)から5000万円(同53.3%減)へ引き下げられた。主にキノン系製品の販売の一部が下半期にずれ込んだほか、夏場以降の原油・ナフサ価格の下落に伴い原料・製品の受払差や期末在庫の評価損が生じたことから、前回予想数値を下回る見込み。ただ、業績下振れ要因は下半期には解消を見込んでおり、通期業績予想は据え置かれた。
《MK》

株探ニュース


日経平均