市場ニュース

戻る
2015年10月21日15時23分

【市況】国内有力証券、ツレ安で調整した銘柄が多いため好業績銘柄の見直しが進むと指摘

 東海東京調査センターでは、株式相場全体にツレ安して株価が大きく調整した銘柄が多いことから、好業績銘柄の見直しが進むと指摘。
 「バリュエーションに注目した選別物色で臨みたい」として、10月26日号のウィークリーでは、バリュエーション面で株価に割安感がある日立製作所<6501>、業績上振れが見込まれるセントラル硝子<4044>をピックアップしている。
《MK》

株探ニュース


日経平均