市場ニュース

戻る
2015年10月21日13時36分

【為替】東京為替:ユーロ買い一服、日本株の後場一段高で


欧州中央銀行による量的緩和の追加措置が先送りされるとの観測が広がっていることでユーロ・ドルは午前中、一時1.1368ドルまで上昇したが、その後はもみあいが続いている。足元は1.1360ドル付近。日経平均株価が後場一段高となり、リスク選好の地合いとなったことがユーロ買いを弱めているとみる。


ユーロ・ドルは1.1344ドルから1.1368ドル、ユーロ・円は135円93銭から136円32銭のレンジ内で推移した。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均