市場ニュース

戻る
2015年10月21日03時50分

【市況】NY原油:続落で45.55ドル、米在庫統計の発表控え売り優勢に


NY原油は続落(NYMEX原油11月限終値:45.55↓0.34)。46.52ドルまで上昇した後、45.23ドルまで下落した。この日発表の米国の9月住宅着工件数が、予想を大きく上回る増加となり、その後、NYダウが始まって高値(34ドル高)をつけた辺りで、原油の買いが一時強まったもよう。


その後は、21日(水)に予定される米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)の発表を控え、原油在庫の増加が予想されていることで、売りが優勢になったとみられる。なお、11月限は20日が取引最終。21日から取引の中心となる12月限の20日値動きは、高値が46.93ドル、安値が45.72ドル、引けは46.29ドルであった(前日比0.01ドル高)。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均