市場ニュース

戻る
2015年10月20日20時25分

【為替】欧州為替:ユーロ買い一服、米債利回りの反転で


欧州株が全面安でややリスク回避の流れとなっていることからユーロ買いの流れが強まっていたが上昇は一服。欧州中央銀行が21-21日の理事会で、「市場が安定しているため、追加的な緩和措置には踏み切らないだろう」(邦銀ストラテジスト)との見方から、ユーロ買い安心感が広がっていた。ただ、足元で米債権利回りが反転していることから、ユーロはもみあう展開を予想する。


ドル・円は119円47銭から119円69銭、ユーロ・ドルは1.1343ドルから1.1387ドル、ユーロ・円は135円60銭から136円23銭のレンジで推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均