市場ニュース

戻る
2015年10月20日12時46分

【市況】日経平均は51円高と前引け値水準で後場スタート/後場の寄り付き概況


日経平均 : 18182.45 (+51.22)
TOPIX  : 1496.89 (+8.89)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値とほぼ変わらずの水準から、後場の取引が始まっている。ランチタイムの225先物は18170-18200円辺りでのもち合いが続いていた。ランチタイムの225先物は小幅に買い越しとの観測。円相場は1ドル119円50銭辺りでの推移に。

 セクターでは情報通信、銀行、繊維、海運、保険が上昇。半面、建設、石油石炭、非鉄金属、鉱業、ゴム製品、不動産が冴えない。指数を支えているKDDI<9433>、ソフトバンクグ<9984>は、後場も強い値動きに。個別では、前引け後に上方修正を発表したぐるなび<2440>が買い気配からのスタートに。
《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均