市場ニュース

戻る
2015年10月20日11時59分

【為替】東京為替:ドルは119円51銭近辺で推移、材料不足で小動き続く


ドル・円は119円51銭近辺で推移。日経平均株価は52円高で午前中の取引を終えた。上げ幅はやや縮小している。ただし、中国株は反転の気配を見せており、日本、中国の株安に対する警戒感は高まっていないようだ。ドル・円は119円46銭から119円55銭で推移。


ユーロ・ドルは底堅い動き、1.1324ドルから1.1339ドルで推移。

ユーロ・円は下げ渋り、135円29銭から135円56銭で推移。

■今後のポイント
・中国株は反転の気配
・有力な手掛かり材料不足で主要通貨の取引は動意薄の状態が続く可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値46.30ドル 安値46.06ドル 直近値46.09ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均