市場ニュース

戻る
2015年10月20日10時50分

【為替】東京為替:ドルは119円52銭近辺で推移、中国株安は特に嫌気されず


ドル・円は119円52銭近辺で推移。日経平均株価は73円高で推移しており、やや下げ渋っている。中国株は弱含みとなっているが、現時点で特に嫌気されていないようだ。株式市場の動向を除くと有力な手掛かり材料不足でドル・円などの主要通貨の取引は動意薄の状態が続く見込み。ドル・円は119円46銭から119円55銭で推移。


ユーロ・ドルはややしっかり、1.1324ドルから1.1339ドルで推移。

ユーロ・円は下げ渋り、135円29銭から135円54銭で推移。

■今後のポイント
・中国株安は特に嫌気されず
・有力な手掛かり材料不足で主要通貨の取引は動意薄の状態が続く可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値46.30ドル 安値46.06ドル 直近値46.06ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均