市場ニュース

戻る
2015年10月20日10時47分

【経済】(中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、政策期待が支援材料


20日の上海総合指数は小幅安でスタート。前日比0.27%安の3377.55ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時42分現在、0.14%高の3391.52ptで推移している。政策期待が引き続き支援材料。中国共産党の重要会議である第18期中央委員会第5回全体会議(5中全会)が来週26-29日に開催される予定だ。一方、指数の上値は重い。上海総合指数はきのう19日は小幅安で引けたものの、引き続き2カ月ぶりの高値水準を維持しているため、利益確定売り圧力が高まっている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均