市場ニュース

戻る
2015年10月20日10時45分

【材料】日本精工が続落、三菱UFJ証が「中立」に格下げ

日精工 【日足】
多機能チャートへ
日精工 【日中足】

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が19日付で日精工 <6471> の投資判断「オーバーウエイト(強気)→ニュートラル(中立)」に引き下げ、目標株価を2500円→1770円に減額したことが売り材料視された。

 リポートでは、同社の業績ドライバーであったフォルクスワーゲン(VW)関連向け(売上高の10%程度と推定)に不透明感が台頭してきたと報告。VW関連向けではEPS(電動パワステ)やAT向けニードルベアリングなどの成長を見込んでいたが、今回保守的に業績予想を見直している。

 同証券では、16年3月期の連結営業利益を1124億円→1054億円(会社予想は1020億円)、17年3月期を1227億円→1093億円、18年3月期を1292億円→1124億円にそれぞれ下方修正した。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均