市場ニュース

戻る
2015年10月20日10時31分

【市況】10時30分時点の日経平均は前日比56円高、マンション傾斜問題で思惑向かい土木管理が急騰


10時30分時点の日経平均は前日比56.80円高の18188.03円で推移している。ここまでの高値は9時05分の18253.13円、安値は10時16分の18172.59円。東証一部の売買代金は6000億円と商いは引続き閑散。郵政グループ3社に絡んだ換金売りに押され新規の買いは手控えられている。

全市場の売買代金上位銘柄では、みずほ<8411>などメガバンク3行が前日比2%近い上昇となっているほか、ソフトバンクG<9984>、KDDI<9433>、NTTドコモ<9437>が強い。また、マザーズ市場のベステラ<1433>、2部上場の土木管理<6171>が前日比10%超上昇している。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均