市場ニュース

戻る
2015年10月20日10時06分

【経済】貸付残高:多くの国はGDPを上回る、中国とブラジルはもっとも深刻


シティグループが発表した最新リポートで、過剰貸付問題が米国や日本、中国、英国、ユーロ圏、ブラジルなど多くの国で発生し、すでに国内総生産(GDP)を上回っていると指摘。直近10年で貸付残高がGDPから大きく離れている国の中で、中国とブラジルがもっとも深刻だと警告した。

シティは、中国を含む新興国は世界金融危機が発生した2008年に大量の資金供給を通じて経済成長をけん引してきたが、その後遺症として製造業の過剰生産や大量のゴーストタウンを生み出していると指摘した。また、融資拡大を通じて経済をけん引することに限界が来ているため、欧米などのように不動産や株式市場を押し上げていると強調した。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均