市場ニュース

戻る
2015年10月20日08時46分

【材料】アデランス---第2四半期は海外好調も国内は競争激化による販売減が影響

アデランス 【日足】
多機能チャートへ
アデランス 【日中足】


アデランス<8170>は15日、2016年2月期第2四半期(15年3-8月)決算を発表。売上高が前年同期比7.0%増の398.42億円、営業利益が同66.5%減の4.59億円、経常利益が同50.3%減の8.21億円、四半期純利益が同74.9%減の3.49億円だった。売上高は海外売上高増加により計画を上回ったが、利益面は国内事業の競争激化に伴う販売減が影響している。

16年2月期通期については、売上高が前期比5.6%増の810.00億円、営業利益が同28.4%増の37.00億円、経常利益が同45.0%減の33.00億円、純利益が同44.8%減の28.00億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均