市場ニュース

戻る
2015年10月19日13時33分

【材料】日本M&Aセンター---2016年3月期第2四半期累計の業績予想を上方修正

日本M&A 【日足】
多機能チャートへ
日本M&A 【日中足】


日本M&Aセンター<2127>は15日、2016年3月期の第2四半期累計期間の連結業績予想を上方修正した。

売上高で前回予想比15.1%増の68.60億円、営業利益で同21.0%増の35.20億円、経常利益で同25.8%増の36.60億円、四半期純利益で同26.2%増の24.10億円となる見通し。
上期・下期を通じた半期ベースでみて、過去最高の売上高と利益を見込んでおり、上半期としては6期連続の増収、5期連続の最高益更新となる。

成約件数も半期ベース(上期・下期とも含めても)で過去最高となる見通しで、2013年3月期の通期の成約件数207件を既に半期で上回る209件の成約を達成している。9月末の譲渡案件受託残高520件(前年同期は420件)と受託も順調に進んでいるもようだ。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均