市場ニュース

戻る
2015年10月19日12時49分

【材料】ソニーが上げ幅拡大、国内大手は株価が再び中期的にアウトパフォームする可能性があるとの見解

ソニー 【日足】
多機能チャートへ
ソニー 【日中足】

 ソニー<6758>が3日続伸。後場に上げ幅を拡大し、前日比59円(1.8%)高の3309円まで買われている。
 大和証券は、16年に向けて同社に期待できる注目点をまとめたリポートをリリース。スマートフォン市場におけるデュアルカメラ搭載が進む点、好調なゲーム・ネットワーク分野ではバーチャルリアリティ端末発売によるアップサイドポテンシャル、長期縮小が続いた音楽市場反転の可能性、など注目すべき材料が多いと解説。ブランド力回復とともに業績改善がこのまま進めば、ソニーショック後の長期株価下落トレンドから脱し、再び中期的にアウトパフォームする可能性があるとの見解を示している。
 同証券では、ソニーのレーティング「1」(買い)を継続し、目標株価を4500円から4600円へ引き上げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均