市場ニュース

戻る
2015年10月19日11時19分

【材料】サンケン電---大幅反落で東証1部下落率トップ、国内証券では投資判断を格下げ

サンケン 【日足】
多機能チャートへ
サンケン 【日中足】


サンケン電<6707>は大幅反落で東証1部下落率トップ。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を「バイ」から「ホールド」に格下げしている。円安効果などによる短期的な業績モメンタム改善を期待していたが、足元の業況や収益体質改善状況の停滞に加えて、新たな情報管理システム導入による効率改善効果も乏しいことから、業績予想を下方修正しているもよう。今期営業利益は従来予想の140億円から83億円に減額、会社計画の130億円を下回ると見ている。目標株価は1190円から540円にまで引き下げへ。
《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均