市場ニュース

戻る
2015年10月19日11時06分

【市況】11時時点の日経平均は3日ぶり反落、中国7-9月期GDPは前年比+6.9%と予想上回る


11時03分現在の日経平均株価は18166.37円(前週末比125.43円安)で推移している。16日の米国市場では、アジア・欧州株の上昇や利上げ観測の後退を受けて、NYダウは74ドル高となった。シカゴ日経225先物清算値も18365円となっていたが、中国の7-9月期国内総生産(GDP)などの発表を控え、これを見極めたいとするムードから日経平均は小幅安からスタートした。その後は下げ幅を213円まで広げる場面があった。中国7-9月期GDPは前年同期比+6.9%となり市場予想を上回った。

個別では、トヨタ自<7203>、ソフトバンクグ<9984>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、アイフル<8515>などが軟調。マンション傾斜問題に揺れる旭化成<3407>と三住建設<1821>はいずれも8%を超える下げとなり、サンケン電<6707>などとともに東証1部下落率上位となっている。一方、東電力<9501>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、コーセー<4922>、アコム<8572>などが堅調。ユニチャーム<8113>や資生堂<4911>は2%超の上昇に。また、明治海<9115>、戸田建<1860>、日曹達<4041>などが東証1部上昇率上位となっている。

《HK》

 提供:フィスコ

日経平均