市場ニュース

戻る
2015年10月19日10時27分

【経済】(中国)国産と輸入ビール価格:元高や輸入関税の撤廃で20年ぶり逆転


中国における国産と輸入ビールの価格が20年ぶりに逆転している。対ユーロなどの元高進行に加え、「自由貿易保税区」内のゼロ関税などの影響でビールを含む多くの輸入アルコール価格が中国産価格を下回っていると報告された。

中国税関総署が発表したデータによると、今年1-8月の輸入ビールは3億6310万リットルに上り、前年同期比で65.7%増加したという。中でも「アモイ海滄港区」を経由して輸入したビールは9510万リットルとなり、同220%増加したと報告された。なお、輸入ビールの関税は撤廃されており、増値税は17%となっている。

また、輸入ビールを消費し始めた中国人消費者が国産品に戻らないケースが多いため、今後は国内のビールメーカーへの逆風が一段と高まるとみられている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均