市場ニュース

戻る
2015年10月19日10時15分

【経済】2016年世界経済大予測:「ネガティブな見方」が優勢


外国メディアがエコノミスト300人を対象に実施した調査では、圧倒的多数が「世界経済の減速が来年まで継続し、インフレ伸び鈍化が予想以上に長く続く」と回答した。主要経済国の中央銀行が相次いで大型な金融緩和を実施しているものの、インフレ率を加速させる効果が限定的だと指摘されている。

また、中国など新興国の景気減速に伴う需要の減少などを受け、今年比較的堅調な欧米経済について、来年の不透明感が一段と増すとの見方が出ている。新興国の成長ペースについて、世界同時不況が発生した翌年となる2009年以来の低水準を記録すると予測されている。

今年と来年の世界経済の成長率について、それぞれ3.1%、3.4%になると予測された。ただ、これは現在の金融緩和が継続された場合の予測となり、金融引き締めが実施された場合、成長見通しが下方修正される可能性が高いと指摘された。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均