市場ニュース

戻る
2015年10月19日09時05分

【市況】個別銘柄戦略:経済指標発表を受けた中国関連や資源関連株の動向に関心


本日は7-9月期のGDPなど中国の経済指標発表が焦点となる。さえない数値が見込まれるものの、その場合は景気刺激策への期待につながる公算も大きく、ポジティブな動きになっていく可能性も。中国関連や資源関連株の見直しの流れも想定しておきたい。先週末も戸田建設が大幅な上方修正を発表しており、建設株には決算期待が高まりやすいものの、「不正」問題の広がり懸念が警戒材料視される。好決算発表が出尽くし感につながりやすい状況にあるといえる。ほか、先週末の決算発表では、資生堂が想定の範囲内と捉えられる。野村證券では業界レポートをリリースしている農薬関連各社などには関心が高まるか。トヨタのネットで運転支援との報道から、自動運転車関連などの動きも注目へ。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均