市場ニュース

戻る
2015年10月19日08時48分

【市況】【今日の相場見通し】本日の予想レンジ 18,200円~18,500円。 

 米ダウ平均は、複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)の決算内容が市場予想を上回ったことや、経済指標(米10月ミシガン大学消費者信頼感指数)の結果も良好だったことを好感し続伸。その影響でシカゴの日経平均先物も、大証の終値に比べ(日中比)75円(円建)程度値上がりして取引を終えていることから、東京市場の朝方も買い優勢から上昇しての取引開始となりそうだ。

 一巡後は、欧米諸国の株式市場が堅調だったことを手掛かりに、主力銘柄を中心に買戻しの動きが見られそうだが、11:00頃に中国の重要な経済指標(9月小売売上高や7-9月期GDPなど)の発表を控えており、内容を確認したい参加者も多いことから積極的な売買は見送られ、上値はやや重い展開が予想される

 ただ、中国の経済指標による下振れのリスクもあるが、日銀の追加緩和への期待も高まっているだけに、下値は底堅く推移する公算である。

 テクニカル的には、25日移動平均線(17,988円前後)を支持線とし、ボリンジャーバンドの+1σ(18,407円前後)の間での値動きとなることが推測されるが、上海総合指数が堅調であれば、+1σのバンドブレイクから18,500円台の回復が期待されるだろう。

 新興市場のジャスダック平均は、ここ1週間は大きな変動を見せるような動きは無く、ボリンジャーバンドの+2σ(2,562ポイント前後)~+1σ(2,532ポイント前後)のレンジ内取引が続いているが、本日も同水準での取引となりそうで、マザーズ指数は、一目均衡表の雲(786ポイント)を下値メドとし、直近高値(815ポイント)更新を目指す。

 本日の予想レンジ 18,200円~18,500円。(ストック・データバンク 編集部)

日経平均