市場ニュース

戻る
2015年10月16日11時20分

【材料】横河電機が小動き、米系大手証券は受注見通しは依然不透明との見解

横河電 【日足】
多機能チャートへ
横河電 【日中足】

 横河電機<6841>が小動き。買い優勢で始まり、高いところでは前日比19円高の1294円まで上昇。その後はマイナス圏に入る場面もあり、現在は小幅高で推移している。
 モルガン・スタンレーMUFG証券では、国内制御事業は更新需要増などにより想定以上に好調も、原油安継続の中、受注見通しは依然不透明との見方を継続。昨年実施した希望退職に伴う固定費削減効果は期待できるものの、戦略投資費用の実行によりほぼ相殺されると解説。
 レーティング「イコールウエイト」を継続、目標株価を1600円から1400円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均