市場ニュース

戻る
2015年10月16日08時18分

【市況】ボリバン中心値(25日)と+1σでのレンジ推移/日経225・本日の想定レンジ


[本日の想定レンジ]
 15日のNY市場は上昇。週間新規失業保険申請件数が40年ぶりの低水準となり、労働市場の堅調さが好感された。また、NY連銀製造業景況指数、フィラデルフィア連銀製造業景況指数など指標低調で利上げ観測が後退。ダウ平均は217.00ドル高の17141.75、ナスダックは87.25ポイント高の4870.10。シカゴ日経225先物清算値は大阪比115円高の18215円。

 シカゴ先物にさや寄せする格好から買いが先行するとみられ、14日の下落局面で空けたマド(18126-18223円)を埋めてくる可能性がある。その後は5日線レベルでのこう着といったところであろう。ボリンジャーバンドでは中心値(25日)と+1σでのレンジ推移となるため、+1σが位置する18365辺りへの上昇も意識されやすい。ただし、週間形状の一目均衡表では雲の中での推移であり、強弱感が対立しやすい。足元のもち合いレンジである17800-18400円辺りの推移が続きやすいとみられる。18100-18350円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 18350円-下限 18100円

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均