市場ニュース

戻る
2015年10月16日06時26分

【為替】NY為替:ドル・円は118円89銭、米CPIや雇用指標受けドル安値から反発


15日のニューヨーク外為市場でドル・円は、118円15銭から118円95銭まで上昇し、118円89銭で引けた。米9月消費者物価指数(CPI)が予想を上振れたこと、先週分新規失業保険申請件数も7月に達成した1973年11月以来の低水準に並んだため、債券利回り上昇に伴うドル買いが優勢となった。


ユーロ・ドルは、1.1447ドルから1.1363ドルまで下落し、1.1378ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)による追加量的緩和(QE)観測を受けたユーロ売り、米国のインフレ、雇用指標を受けた債券利回りの上昇に伴うドル買いが優勢となった。ユーロ・円は、134円82銭まで下落後、135円45銭へ上昇した。


ポンド・ドルは、1.5415ドルまで下落後1.5509ドルへ上昇。ドル・スイスは、0.9553フランから0.9485フランへ下落した。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均