市場ニュース

戻る
2015年10月15日19時56分

【市況】ハイテク株に期待も、CPIなど経済指標見極め


『米株式市場』

 14日のNY市場は下落。軟調な中国の9月消費者物価指数を受け、アジア・欧州株がほぼ全面安となったほか、9月の小売売上高や生産者物価指数(PPI)が予想を下振れ、米景気の後退懸念が拡大したことから売りが先行。ダウ平均は157.14ドル安の16924.75、ナスダックは13.76ポイント安の4782.85。

 グローベックスの米株先物はNYダウでは100ドル高程度で推移している。欧州市場は全般上昇して始まっており、買い優勢の展開が期待される。また、前日の下げについては、ウォルマートの下方修正などが大きく影響しており、通過材料になりそう。一方で半導体関連では再編機運などが高まっていることで、ハイテク株への買いが期待される。

 もっとも、ゴールドマン・サックス・グループ、シティグループ、ブラックストーン・グループなどの決算が予定されているため、決算内容に大きく振らされやすい面はある。その他、経済指標では新規失業保険申請件数(先週)、消費者物価コア指数(9月)、ニューヨーク連銀製造業景況指数(10月)、フィラデルフィア連銀製造業景況指数(10月)なども控えており、これを見極めたいムードが手掛けづらくさせる可能性はある。
《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均