市場ニュース

戻る
2015年10月15日14時26分

【市況】14時25分時点の日経平均は134円高、ファミリーMとの合併比率伝わりユニーGHDが急落


 


14時25分時点の日経平均は前日比134.64円高の18025.64円。18150円近辺で今日の高値圏での推移が続いていたが、上値が重いことからやや上げ幅を縮めている。日経平均は5日線で上値を抑えられる格好に。

東証一部の上昇率上位では、ボルテージ<3639>が一段高で3位にランクイン。また、TOWA<6315>、船井電<6839>、東邦システム<4333>、SRAHD<3817>なども後場値を上げている。一方ユニーGHD<8270>は、ファミリーM<8028>との合併比率がファミリーM1に対してユニーGHDが0.13程度になると伝わり、14時過ぎから急落し一転マイナス圏での推移に。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均