市場ニュース

戻る
2015年10月15日09時30分

【材料】HKSが年初来高値更新、国内アフターパーツなど下期に復調し15年8月期業績は上振れで着地

HKS 【日足】
多機能チャートへ
HKS 【日中足】

 エッチ・ケー・エス<7219>が7月15日につけた年初来高値800円を3カ月ぶりに更新。14日の取引終了後、集計中の15年8月期連結業績について、売上高を従来予想の66億7000万円から70億2600万円(前の期比4.2%減)へ、営業利益を同1億8000万円から2億4800万円(同33.3%減)へ、純利益を同1億3000万円から2億2800万円(同15.9%減)へ上方修正したことが好感されている。
 国内アフターパーツおよびCNG事業を中心に売上高が下期に入って復調したことに加えて、為替差益の計上や、国内子会社が「円高・エネルギー制約対策のための先端設備等投資促進事業費」の補助金収入を計上したことなどが要因としている。

HKSの株価は9時24分現在835円(△75円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均