市場ニュース

戻る
2015年10月14日16時32分

【市況】日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅続落、構成銘柄のうちファナックなど217銘柄が値下がり


14日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり7銘柄、値下がり217銘柄、変わらず1銘柄となった。

日経平均は大幅続落。13日の米国市場では、中国の9月貿易統計が不振となり、アジア・欧州株がほぼ全面安となったことから売りが先行。今週から本格化する決算発表の結果を見極めたいとの思惑などもあり、NYダウは49ドル安となった。こうした流れを受けて、日経平均は128円安からスタートすると下げ幅を拡大し、取引時間中としては6営業日ぶりに節目の18000円を割り込んだ。売り一巡後は安値圏でのもみ合いが続き、後場には一時下げ幅を400円超に広げる場面があった。

大引けの日経平均は前日比343.74円安の17891.00円となった。東証1部の売買高は24億3433万株、売買代金は2兆4053億円だった。業種別では、鉄鋼が4%超下げたほか、ゴム製品、ガラス・土石製品、機械が下落率上位だった。一方、上昇したのは水産・農林業のみだった。

値下がり寄与トップはファナック<6954>となり、日経平均を約27円押し下げた。下落率は一時4%を超え、節目の2万円を再び割り込んだ。前日に一部証券会社の投資評価引き上げを受けて上昇していた富士重<7270>が4.4%安と反落したほか、ガイシ<5333>も5.3%安と下げが目立った。日経平均構成銘柄のうち値下がりは約96%の217銘柄となった。

一方、値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>となった。決算発表を挟んで前日まで4日続落していたが、この間8330円下落したことから下げ過ぎ感があるとの指摘が見られた。2位の東宝<9602>は、前日引け後に上期決算とともに今期2度目となる業績予想の上方修正を発表している。ただ、日経平均構成銘柄のうち値上がりは7銘柄にとどまった。


*15:00現在


日経平均株価  17891.00(-343.74)

値上がり銘柄数  7(寄与度+19.62)
値下がり銘柄数 217(寄与度-363.36)
変わらず銘柄数  1

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 42730 470 +18.44
<9602> 東宝 3010 112 +0.44
<5232> 住阪セメ 452 7 +0.27
<5715> 古河機 283 5 +0.20
<9301> 三菱倉 1562 4 +0.16
<1332> 日水 366 2 +0.08
<3865> 北越紀州 748 1 +0.04

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<6954> ファナック 19395 -700 -27.46
<9433> KDDI 2605.5 -59 -13.89
<6971> 京セラ 5661 -151 -11.85
<6367> ダイキン 7424 -284 -11.14
<6988> 日東電 7685 -265 -10.40
<6762> TDK 6980 -230 -9.02
<8035> 東エレク 6238 -212 -8.32
<7270> 富士重 4343 -198 -7.77
<4063> 信越化 6622 -190 -7.45
<7267> ホンダ 3800 -95 -7.45
<6902> デンソー 5387 -168 -6.59
<5108> ブリヂストン 4143 -141 -5.53
<4503> アステラス薬 1555.5 -28 -5.49
<9984> ソフトバンクG 6199 -44 -5.18
<5333> ガイシ 2311 -129 -5.06
<7203> トヨタ 7188 -128 -5.02
<8830> 住友不 3947 -123 -4.83
<6770> アルプス 3245 -115 -4.51
<4452> 花王 5578 -112 -4.39
<7269> スズキ 3813 -106 -4.16

《NH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均