市場ニュース

戻る
2015年10月14日15時37分

【為替】東京為替:ドル安値圏でもみあい、上海株の弱含みで


日経平均株価が大引けにかけても軟調が続いたほか、上海総合指数がマイナス圏で推移していることから、ドル・円は安値圏でもみあいとなっている。ドル買いの手がかりが乏しいほか、米ダウ先物が時間外取引で冴えない値動きとなっていることから、ドル・円はこのまま安値圏でのもみあいが続きそうだ。


ここまで、ユーロ・ドルは1.1378ドルから1.1401ドル、ユーロ・円は136円15銭から136円38銭で推移。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均