市場ニュース

戻る
2015年10月14日14時53分

【市況】欧州大手証券、今後は内需系選好に再度回帰していくと想定

 UBS証券の日本株ストラテジーでは、「とてつもない強度のリバーサルが発生している」と指摘。2月や4月に観測されたリバーサル効果よりも「圧倒的に強く、歴史的に見ても稀なほど異常なレベル」と位置づけ、背景として、原油の反転、日銀および米利上げへの期待、小売業の業績鈍化からくる内需系モメンタム不信感と解説。
 少なくとも日銀の緩和期待が収束するまでこの傾向は継続しやすいと見ているものの、その後は内需系の選好に再度回帰していくと想定して、「今後も日本国内の内需系業種の相対的な底堅さからくるアウトパフォーマンスは継続していく」と予想している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均