市場ニュース

戻る
2015年10月14日13時23分

【材料】トランザクションが4日続落、国内調査機関はレーティング格下げも底堅い株価推移を予想

トランザク 【日足】
多機能チャートへ
トランザク 【日中足】

 トランザクション<7818>が4営業日続落。売り優勢で始まり、前日比7円安の455円まで下落している。
 TIWでは、2012年暮れ以降の円安局面でコスト上昇分の価格転嫁を行ってきたものの、需要の減退は特に見られなかったと指摘。15年8月期の売上停滞から為替に対する影響が以前よりも強まっていると考え、レーティングを「1」から「2+」に引き下げ。
 それでも、配当性向引き上げによる予想配当利回り向上や年2回の株主優待の実施による優待利回りの高さから、株価は底堅く推移すると予想している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均