市場ニュース

戻る
2015年10月14日12時26分

【材料】コスモス薬品が続落、国内大手証券は四半期ごとに増減益を繰り返す可能性が高いと指摘

コスモス薬品 【日足】
多機能チャートへ
コスモス薬品 【日中足】

 コスモス薬品<3349>が続落。前日比290円(1.9%)安の1万4580円まで売られている。きょうは、大和証券が同社についてリポートをリリースしたことが確認されている。
 同証券は、同社の16年5月期第1四半期決算についてサプライズはないとしたうえで、16年5月期は前年の価格政策の反動により四半期ごとに増減益を繰り返す可能性が高いと指摘。地盤の九州は集中出店により自社競合を引き起こしており、今後の動向も注視したいとの見解を示している。レーティングは「3」(中立)を継続し、目標株価は1万7300円から1万6000円へ引き下げられた。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均