市場ニュース

戻る
2015年10月14日10時50分

【材料】ファストリテはしっかり、国内外で相次ぐ目標株価引き下げの動き、投資家の評価向上に必要なものは

ファストリ 【日足】
多機能チャートへ
ファストリ 【日中足】

 ファーストリテイリング<9983>はしっかり。売り優勢で始まり、安いところでは前日比610円安の4万1650円まで売り込まれる場面があったものの、その後は切り返しプラス圏に浮上。
 モルガン・スタンレー証券MUFG証券では、15年8月期決算の計画未達は、新フェーズに向けた「前向きな減損計上」と捉えるものの、投資家からの評価向上には、秋冬商戦での利益創出や米国の赤字縮小、デジタル・イノベーションでの具体的な成果発現を待つ必要があると指摘。当面は業界バリュエーション萎縮の影響受ける可能性があるとみて、レーティング「オーバーウエイト」を継続も、目標株価を5万7000円から5万2000円に引き下げ。
 なお、みずほ証券ではレーティング「中立」を継続、目標株価を5万5000円から4万3000円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース


最終更新日:2015年10月14日 10時50分

【関連記事・情報】

日経平均