市場ニュース

戻る
2015年10月14日09時24分

【経済】中国経済、米国頼りが鮮明


統計によると、中国から米国向けの輸出量は9月に全体の19%まで拡大し、2010年8月以来の最高水準を記録したという。欧州連合(EU)向けの輸出量は全体の15.6%となった。

一方、9月の米国からの輸入量は全体の8.7%にとどまり、EUからの輸入割合は12.4%となった。また、米国からの輸入量は徐々に減少していることも報告された。

米研究機関が9月末に発表したリポートによると、米国の対中貿易赤字はじりじりと拡大しており、今年8月末時点で1660億米ドルまで拡大した。米国の需要が回復しているとは対照的に、中国経済の減速が目立っていると指摘された。中国経済の米国頼りが鮮明になっているとも言及された。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均