市場ニュース

戻る
2015年10月14日09時19分

【市況】日経平均は128円安でスタート、米国株安の流れから売りが先行/寄り付き概況


日経平均 : 18106.66 (-128.08)
TOPIX  : 1489.45 (-13.68)

[寄り付き概況]

 日経平均は続落で始まった。米国株安の流れから、シカゴ日経225先物清算値は大阪比115円安の18095円だったが、これにさや寄せする格好から売りが先行している。規模別指数は大型、中型、小型株指数ともに2ケタの下落。セクターでは医薬品、パルプ紙が小じっかりな他は全般小安く、鉄鋼、石油石炭、その他金融、機械、海運、卸売、鉱業、輸送用機器、繊維、電気機器などが冴えない。

 売買代金上位ではファーストリテ<9983>、ソフトバンクグ<9984>、東芝<6502>、任天堂<7974>、エーザイ<4523>が上昇。一方で、トヨタ<7203>、三井住友<8316>、三菱UFJ<8306>、JT<2914>、ファナック<6954>、村田製<6981>、富士重<7270>が軟調。

 材料系では、エナリス<6079>、岡藤<8705>、インスペック<6656>、リミックスポイント<3825>、グリムス<3150>、ジグゾー<3914>などが堅調。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均