市場ニュース

戻る
2015年10月13日14時08分

【為替】東京為替:豪ドル軟調継続、中国の貿易統計受け


日経平均株価の弱含みが継続しているほか、午前中に発表された中国の貿易収支で輸入が落ち込んだことを背景に、豪ドル・円の軟調地合いが続いている。貿易統計発表後に一時87円42銭まで下落。その後も戻りは鈍く、足元では87円70銭付近で推移している。豪ドルはこれまで堅調に推移してきたことから、ポジション調整の売りが出やすいとみる。


ドル・円は119円81銭から120円08銭、ユーロ・ドルは1.1345ドルから1.1366ドル、ユーロ・円は136円04銭から136円39銭で推移。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均