市場ニュース

戻る
2015年10月13日11時31分

【為替】東京為替:ドルは119円86銭近辺で推移、東京株安継続でドルは伸び悩む


ドル・円は119円86銭近辺で推移。国内株の下げ幅が再び拡大していることから、ドルの上値は重くなっている。リスク回避的なドル売りは拡大していないが、119円60銭以下でストップロスのドル売りが執行される可能性はやや高まっており、ドル続落に対する警戒感が浮上している。なお、中国の9月貿易収支は予想を上回る黒字を計上したが、指標に対する目立った反応は確認されていない。ドル・円は119円85銭から120円08銭で推移。


ユーロ・ドルは伸び悩み、1.1345ドルから1.1361ドルで推移。

ユーロ・円はもみあい、136円04銭から136円39銭で推移。

■今後のポイント
・東京株の下げ幅は再び拡大
・119円60銭以下にはストップロスのドル売りオーダー

・NY原油先物(時間外取引):高値47.72ドル 安値47.38ドル 直近値47.48ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均