市場ニュース

戻る
2015年10月13日11時06分

【材料】シマノが小動き、米系証券は決算前後で株価下落なら、「再び押目買いの機会となるかもしれない」と指摘

シマノ 【日足】
多機能チャートへ
シマノ 【日中足】

 シマノ<7309>が小動き。売り優勢で始まり、一時、前日比160円安の1万8210円まで下落。その後プラス圏に浮上する場面もあり、現在は前日終値近辺で推移している。
 JPモルガン証券では、業績見通しに対するマーケット期待値の上昇により、7~9月期決算で大きなポジティブ・サプライズが出る可能性は低下したと指摘。一旦利益確定するも、決算前後で株価が大きく下落すれば、「再び押目買いの機会となるかもしれない」として、レーティングを「オーバーウエイト」から「ニュートラル」に引き下げ。目標株価は1万8000円を継続している。
《MK》

株探ニュース


日経平均