市場ニュース

戻る
2015年10月13日10時47分

【経済】(中国)上海総合指数は小反落でスタート、利益確定売りが優勢


13日の上海総合指数は小反落でスタート。前日比0.78%安の3262.16ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時38分現在、0.62%安の3267.34ptで推移している。上海総合指数は前日まで4連騰しており、足元の過熱感から利益確定売りが先行。また、本日から9月の貿易統計など主要な経済指標が相次いで発表されるため、慎重ムードも強い。一方、指数の下値は限定的。景気対策への期待が高まっているほか、中国政府が実質的な量的緩和に踏み切っているとの見方が引き続き支援材料となっている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均