市場ニュース

戻る
2015年10月09日17時06分

【特集】ワールドHD Research Memo(3):上方修正していた修正数字をさらに上回って着地


■決算動向

(1) 2015年12月期第2四半期累計業績について

8月7日付で発表されたワールドホールディングス<2429>の2015年12月期第2四半期累計(2015年1月?6月)の連結業績は、人材・教育及び不動産ビジネスをけん引役に、売上高が前年同期比55.4%増の52,866百万円、営業利益が同145.8%増の4,484百万円、経常利益が同148.6%増の4,464百万円、四半期純利益が同218.3%増の3,106百万円と大幅増収増益となった。半期ベースでは過去最高業績を更新し、営業利益、経常利益、四半期純利益に関しては、2014年通期の実績を上回る格好となった。また、同社は第1四半期決算発表時点で期初計画を上方修正していたが、その修正数字も上回る結果となった。事業セグメント別の動向は以下のとおり。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均