市場ニュース

戻る
2015年10月09日14時53分

【材料】国内証券、鉄鋼・非鉄・電線の決算では中計前倒し策で日立金属、配当で日新製鋼と住友鉱山に注目

日立金 【日足】
多機能チャートへ
日立金 【日中足】

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の鉄鋼・非鉄・電線セクターのリポートでは、16年3月期上期決算は下期から17年3月期にかけて「買える銘柄」を探る踏み絵になると指摘。「17年3月期以降に向けた銘柄選別をすべき」との見解で、新興国景気や市況の影響を受けにくく明確な増益のストーリーが見込める銘柄として、日立金属<5486>、三菱マテリアル<5711>、DOWAホールディングス<5714>をトップピックで推奨。上期決算発表の注目銘柄として、中計前倒し策で日立金属、配当のメッセージで日新製鋼<5413>と住友金属鉱山<5713>をピックアップし、セクターレーティングは「中立」を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均