市場ニュース

戻る
2015年10月09日14時36分

【為替】東京為替:主要通貨買い・円売りの流れ、連休控えポジション調整


日経平均株価の堅調が続いているほか、米ダウ先物がプラス圏で推移していることを背景に、主要通貨買い・円売りの流れとなっている。東京市場は3連休となるため、ポジション調整が観測される。ドル・円は午後の取引で120円00円まで上昇した。ただ、調整の範囲内のため、戻りは限定的となろう。


ここまで、ドル・円は119円84銭から120円00銭、ユーロ・ドルは1.1267ドルから1.1293ドル、ユーロ・円はもみあい、135円06銭から135円47銭で推移。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均