市場ニュース

戻る
2015年10月09日13時26分

【材料】プラッツ---介護ベッドの見守り通信サービスをモバイルクリエイトと共同開発、来年1月にサービス開始

プラッツ 【日足】
多機能チャートへ
プラッツ 【日中足】


プラッツ<7813>は5日、モバイルクリエイト<3669>との協業により、介護ベッドの動作及び感圧センサーの反応を感知するベッド用通信システムを開発し、家族に介護ベッドの稼働状況を知らせるクラウドサービスを2016年1月に開始することを発表。

本サービスでは、各介護ベッド本体に専用の通信端末を設置、背上げや昇降などの操作及び感圧センサーの反応による信号をクラウドサーバで管理するもの。契約者は、インターネット環境があれば、パソコンやスマートフォンから介護ベッドの稼働状況を閲覧でき、定期的な稼働状況などの情報メールを受信することができる見守り通知機能を備えている。

同社は、電動介護ベッドの製造・販売を手掛ける。在宅用市場で約3割のシェアを有する。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均