市場ニュース

戻る
2015年10月09日12時48分

【市況】日経平均は182円高で後場スタート、上げ幅拡大し再び18300円を回復/後場の寄り付き概況


日経平均 : 18323.71 (+182.54)
TOPIX  : 1505.89 (+24.49)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から上げ幅を広げて始まり、再び18300円を回復している。ランチタイムの225先物は18280-18300円辺りでの推移が続いていたが、現物の後場寄り付き時点では18340円と、本日の高値を更新している。昼のバスケットは売り買いトントンとの観測。円相場は1ドル119円90銭処と、朝方からは若干円安に振れて推移している。

 セクターでは鉄鋼、非鉄金属の上昇率が4%を超えてきたほか、鉱業が3%を超えてきている。また、建設が後場に入り強い動きをみせてきており、2%を超える上昇。

 売買代金上位では、ファーストリテ<9983>が9%超の下落。KDDI<9433>、JAL<9201>、村田製<6981>が冴えない。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均