市場ニュース

戻る
2015年10月09日03時50分

【市況】NY原油:反発で49.43ドル、需要改善見通しやドル先安観で一時50ドル乗せ


NY原油は反発(NYMEX原油11月限終値:49.43↑1.62)。47.96ドルから50.07ドルまで上昇した。石油輸出国機構(OPEC)のバドリ事務局長が、国際通貨基金(IMF)への声明で、2015年の原油への世界需要が当初の予想以上に伸びるとの見解を示したとされ、原油の買い(戻し)が先行した。


その後、通常取引終了前に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(9月16-17日開催分)では、「多くのメンバーがドル高は輸出に打撃と判断」との指摘がみられたことから、ドル先安観により原油の買いが一段と強まった。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均