市場ニュース

戻る
2015年10月08日14時20分

【材料】欧州大手証券、産業エレクは株価下落で他産業比、過去比のどちらで見ても割安感が台頭

日立 【日足】
多機能チャートへ
日立 【日中足】

 UBS証券の産業用エレクトロニクス業界のリポートでは、各社明確な増益ドライバーに欠ける様を露呈し、ガイダンスを据え置くだけで四苦八苦していると指摘。年度初めに余裕があるように見えた営業利益ガイダンスは、足元で達成がギリギリになってきたものの、株価はこの窮状を予見していたかのように下落、結果バリュエーションは他産業比、過去比のどちらで見ても割安感が台頭していると解説。更なる劣位を説明するのは難しいとみて、アンダーパフォームはそろそろ終焉すると想定。
 決算での注目銘柄として、日立製作所<6501>、三菱電機<6503>、富士通<6702>を紹介している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均