市場ニュース

戻る
2015年10月08日13時48分

【材料】スター精密が反落、国内有力証券は投資判断と目標株価を引き下げ

スター精 【日足】
多機能チャートへ
スター精 【日中足】

 スター精密<7718>が3日ぶりに反落。後場に一時、前日比60円(3.9%)安の1463円まで売られている。岩井コスモ証券が同社の投資判断と目標株価をそれぞれ引き下げたことが確認されている。
 同証券は、為替差損は一時的であるものの、国際的なライアビリティシフトを背景にした磁気カードリーダーからICカードリーダーへの切り替えの遅れが携帯用プリンタの出荷に与える影響や、独VW(フォルクスワーゲン)社による不正ソフト問題がCNC旋盤の欧州向け輸出に与える影響がはっきりするまで株価の上値が重い展開が続くとの見解を示している。投資判断を「A」から「B+」へ格下げし、目標株価は2550円から1700円へ引き下げられた。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均